>

考えを変えて楽をしよう

おなじみタッパー

タッパー。
1度は耳にしたことがあり、また使ったこともあると思います。
保存といえば1番に出てくるのはタッパーでしょう。
これを使えば、作りすぎて余ってしまったおかずも、はたまた別の日に食べようと思い作ったおかずも保存しておくことができます。
これだけにはとどまらず、冷蔵庫で保存していたおかずをあたため直すとき、そのままあたためることができます。
さらにそのタッパーを皿代わりにすればいいので、余計な洗い物も増えません。
そしてプラスチック性なので軽く、落としても割れず危険もないです。
タッパーほど高性能な保存容器はないのではないでしょうか。
最近では、収容能力に長けたタッパーなど、個性的なものも発売されているので、気になった方は調べてみることを強くおすすめします。

ジップバック

ジップバックを知っていますか?
これは簡単にいうと、密閉するためのジップがついた保存用ビニール袋です。
これを使うと、密閉するため日持ちします。
日持ちがするということは、長く保存ができるということなので、賞味期限をあまり気にしなくても良いことになります。
また液体状のおかずもこれにいれて冷凍すれば、長期保存が可能となります。
さらに料理でいう下味をつけるときにも、このジップバックは活躍することができ、なかに下味材料を入れ、密閉しておくことによって通常より早く下味をつけることができるのです。
これらを活用すれば、忙しいなかでの料理を、少しでも楽にすることができると考えました。
もし使ったことのない方で、興味がわいた方はぜひとも1度使ってみてください。


この記事をシェアする